図案の写し方(ウール生地)

 こんにちは。
 梅雨空が続いています。
 あじさいが、きれいですね。
 
 さて、NHK「すてきにハンドメイド12月号」にテキスト掲載とキット販売していただいた
 「南天刺しゅうバッグ」の図案の写し方について、キットをお求めのお客様よりお問い合わせが
 あったと、NHK担当の方から連絡がありました。

これのことですね。
 南天大部分
 
 
 ウール生地に図案を写すのは、「毛足」があるので写しにくく、落ちやすいということになります。
 南天バッグは、フラノという生地を使っているので毛足は長くはありませんが、「けば」があります。
 そこで、ブログの方にもわたしの経験の中でのベスト、と思う方法を載せますね。
 (こんな事はもうご存知の方や、もっといい方法があるかもしれませんが)

 1)生地に接着芯をはる
 2)トレーシングペーパーに図案を写す。
 3)下から、(生地)ー(チャコペーパー)ー(図案)ー(セロファン(図案保護のため)と重ねて、
   まち針でとめる。
   *チャコペーパーはクローバーさんの水で消える「チャコピー」のブルーが色の付きがいいです。
 4)鉄筆、ボールペン等で写します。この時、けっこう力を入れて書きます。
 5)全部書き終えたら、図案はそのままでチャコとセロファンを静かにはずします。
 6)トレーシングペーパーをまくりながら、写した図案を確認します。
 7)うすいところがあったら、チャコエース(*アドガーの水で消えるブルー)で書き足します。

 ピーシングペーパーに書いて、刺繍後にやぶるという方法もありますが、フラノ生地では
 わたしは上記の方法でやっています。よかったら試してみて下さい。
 1日講習や教室でウール生地を使う時は、私が図案を写していますが、なかなか力がいります。
 
 注;水で消せるタイプの図案は時間が経つと消えることがあります(1ヶ月くらいは大丈夫だと
   思います)ので早めに刺繍してください。
   水で消す、のも丁寧にきちんとしないとよみがえりますよ。
   

南天バッグ*1日講習会

  明日発売のNHK「すてきにハンドメイド12月号」に掲載「南天刺しゅうのバッグ」の1日講習会を開きます。

  日時:12月15日(水)、17日(金)、18日(土)
     A) 10:30〜12:30 または B)13:30〜15:30
     各回定員4名
  講習料 3,500円  材料費 5,000円
  
  1)ウール生地がベージュになります。
  2)接着芯をはって、図案が写してあるのですぐ刺繍をはじめられます。
  
  詳細は、お電話かメールで
  電話  03−3710−2035
  メール naokam169@gmail.com


掲載の作品(昨日の写真の表です。)
  
  南天大部分
  部分のアップ。透明とつや消しの赤いビーズの差がわかっていただけるといいのですが、、、
   
     色のサンプル。薄いベージュ色です。
  

| 1/1PAGES |

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM