トラベルポーチ その2

なかなか外出もままならない、落ち着かない日々です。

そんな時に、よかったら作品を作ってみませんか?

家にある手芸本のアレンジで新しいアイデアをプラスして。

 

シューズ2

 

前回同様に原稿を110%拡大して

刺しゅう糸は全て2本どりです。

欲張って3種類のシューズモチーフを選びました。

色は本の作品とちょっと変えてたり。

ビーズも部分使いしました。

 

時間がなかったり、気分が乗らないのが現状かもしれません。

少しでも気持ちに変化がつけられれば、と思います。

 

 


トラベルポーチ/再出版

春の訪れを感じる2月の終わり。

いつものようなうれしさがありません。

 

日々、刻々と新たに流れる数々のニュースに不安になります。

 

どうぞ皆様、充分にお気をつけください。

 

 

2016年に出版された「フランス・パリのワンポイント刺しゅう 500」(朝日出版)が

増補改訂版「フランス・パリのワンポイント刺しゅう 600」として

今年の1月に再出版されました。

本

500から600へ

 

本

私のページはそのままです。新しい作家さんの作品も増えて

可愛さアップ

 

再出版を記念して、教室用の作品にモチーフをアレンジしてみました。

ポイント巾着

旅の巾着型ポーチ(1)

(綿麻の変わり織りが柔らかで可愛い生地を見つけました。)

 

アップ下着

図案を10%大きくして、本では刺しゅう糸1本取りですが2本取り

フレンチノットはビーズに変えて色違いを2個並べて。

まずは、UNDER WEAR用の巾着を作りました。

 

2回目は何用にしましょうか?

ただいま製作中です、お楽しみに!


アルファベット/bag in bag

こんにちは

 

晴れのお天気が続いていますね。

乾燥とそろそろ花粉の気配が。

 

さて、2月の教材のご紹介です。

 

ここのところ手のかかる作品が続いたので、気楽にさせる作品がいいな〜という生徒さんの声を聞いて

アルファベットのバッグインバッグを作りました。

文字をバックステッチで刺繍して埋めていきます。

意外に手が慣れるまでちょっと苦労するかも、、、

 

2018年出版の本からビーズを使うタイプにデザインアレンジしました。

 

アルファベット本

 

bag in bag

happy mini bag


春を告げる

2月に入りまだまだ寒い日も多いのですが、気が着くと春の花が咲き始めました。

 

水仙全体

 

水仙全体

水仙

去年の秋に植えた球根がやっと花咲く季節を迎えました!

 

スノードロップ

スノードロップ

芽がなかなかです、もうだめだと諦めていたら、、、

いつの間にか成長していて、健気に開花!

 

この秋には、更に球根を植え込んで群生にしたいと思うのでした。

 

 


スノーフレーク柄のフレーム/その2

もう1月も残りすくなくなってきました。

暖かい日が続いていたけれど、ここのところグッと冷え込んでいます。

 

スノーフレーク柄の額のカラーバリエーションを作りました。

第1段のダークブルーにシルバーの刺繍も大好きですが、すごくクールなので、温かみ?も感じられる色でもう一つ。

 

スノーフレーク柄額

ブルーグリーンの生地にゴールドで刺繍しました。

フレームもナチュラル色に。

 

春を待つ、そんな気持ちも少し出ています。


2020年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

 

なんやかんやとしているうちに新年のご挨拶も遅れて..

 

みなさまの今年が穏やかな年になるように!と願います。

 

2020年賀状

 


スノーフレーク柄のフレーム

突然に寒いですね〜。

いきなりこんなに寒くなってしまうなんて。

当然ながら、雪の情報もあちこちで流れています。

 

11月の教室の作品ができました。

 

スノーフレーク柄額

スノーフレーク柄の装飾です。

雪の結晶の写真展に行ったことは以前書かせていただきましたが、

「あられ状雪(六花状)」という結晶がありました。

つぶつぶが盛り上がった結晶なんです。今まで見たことのないタイプでした。

今回はそのイメージで盛りのあるビーズ刺繍にしました。

 

クリスマスの雰囲気もありますが、早々に片付けることなく冬の間、ゆっくり飾っていただけると思います。

昨日の教室で生徒さんが製作に入りました。

それぞれの仕上がりが楽しみです。

 


Edward Gorey展

東京、今日はとても寒くなりましたね。

どうぞ、暖かくしてお過ごしください。

 

エドワードゴーリー

練馬区立美術館で開催している「エドワードゴーリーの優雅な秘密」展を見てきました。

展覧会紹介で今回初めてその作品を知りまして、これは面白い!とこれまた初めての練馬の美術館へ。

 

アメリカの絵本作家で、アイロニカルで少し不気味な独特の雰囲気と繊細な描写で世界中の人々を魅了しているーとフライヤーにあります。(映画監督のティム*バートン、シュールレアリストのマックス*エルンストなどのアーティストがファンなんです。)

 

まさにオリジナルの世界観とたいへん美しい描写に感激。

ゴーリーの住む世界の優雅さも充分に伝わる見応えのある展示でした。

お母さんに宛てた手紙の封筒に描かれた絵も、なんともステキ。

人気があるのがわかりました。(混んでましたよ!)

気になった方、24日までです。

 

 


アーカイブ作品

しばらくぶりの更新です

 

冬の教室作品を製作中です。

なかなか制作時間を取れず、遅れてしまいあともう少しで完成ではありますが。

なので今日はアーカイブ作品をアップします。

 

巾着ピンクオーガンジー

麻生地の本体に薄いピンク色の綿オーガンジーを被せています。

刺繍は優しい感じの花柄。ビーズと刺繍糸で刺しました。

 

しかし改めて作品を見て、

教室を始めてからそんなに時間が経っていなかったのに

生徒さん方がよく頑張ってこれを仕上げてくれたなあと思いました。

 

ついてきていただいて、感謝です。


パケージの魅力

ついに10%の消費税が始まりました。

私が最初に払ったのは、バス代でした。

7円上がりました、、、

 

ところで、本当にステキなパッケージがいろいろ溢れていますよね。

チョコレートをパッケージ欲しさに買ったこともあります。

 

今回は食べ物のカテゴリーでご紹介させてください。

(流行のアンテナの低い私が紹介するのは、遅いよ〜、もう知ってる、ではありますが)

 

まずは、親戚からもらったなんともかわいいパッケージ

audreyです。

手描きのイラストのやさしいかわいさ。

 

続いて、生徒さんのNYのおみやげ

bellocq 紅茶のお店

クラフト紙や無造作なリボン結びがおしゃれ。

 

 


| 1/20PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM